Homeに戻る

1.ホームページのリンクについて

SEOが盛んになる前は検索エンジンにリンクしなければ登録できないという事はあまり無かったんですが最近では相互リンクを条件に登録させてくれるサイトが増えました。
登録をする際、手作業でいちいちリンクを張りFTPにてアップするのは面倒ですし、登録作業がなかなかはかどらない。
ここでは、その面倒な作業をWEB上で簡単に作成できるスクリプトを紹介しています。
お互いにリンクをするという事は、SEO的に有利なのです。
貴方が登録をしてもらうだけではその検索エンジンサイトはなかなか伸びてきません、お互いがリンクを張る事でページランクも上がりその検索サイトから還元されるのです。
もしリンク集などお持ちで無い方はここを読んだきっかけにリンク集を持ってお互いアクセスアップに繋げましょう。

サイト情報の収集

Google・Yahooほかロボット型検索システムはサイトを訪問して情報を収集して各検索エンジンへ反映します。その作業状態をクロールすると言います。その検索システムは各検索サイトのアルゴリズムによって違いますがここではGoogle(以下グーグル)のガイドラインを参考にしました。詳細についてはガイドラインをお読みください。

動的リンク集

CGIで作成された引数を持ったサイトのリンク、引数とは[hoge.cgi?mode=abc] ?以降ファイルと一緒に連ねている情報。
比較的短い引数であればなんとかグーグルなどにクロールされるんですが長くなるとクロールされない事があります。
検索エンジン登録サイトの一部ではこれをリンクと認めてもらえない事があるので注意してください。

静的リンク集

リンク情報はCGIで作成されますが、サイトを閲覧する部分をCGIでHTML形式のページに変換してHTML形式の静的なページに置き換えて表示されます。
リンクの掲載部分は手作業で作ったサイトと同じく拡張子はhtmlになり引数などは持ちません、グーグルなどからのクロールの際も問題ありません

2.リンクスクリプトの利用上の注意

・1ページ上にあまりリンク数を多くしない。
一つのページに貼り付けるリンク数は100サイト以下にして下さい。
グーグルサイトのリンクの貼り付け条件としてリンク数は100サイト以下にして、あまり長くなる場合はページを分けて記入してくださいとあります。(あまり長くするとリンクをしてもクロールされ難いし検索エンジン登録サイトからもリンクとして認めてもらえない場合があります)
・バナーを貼り付けられるリンクスクリプトは注意してください。
バナーを多く貼り付けていると読み込み時間が長くなりサイト自体が重くなります。特に直リンクの場合等は結構時間が掛かります。直リンクの場合は相手にも迷惑を掛けるので決して直リンクはしない。
すべてのサイトが高速でインターネットを閲覧しているとは限りません。
バナーを貼り付けたい場合は1ページ50以下にしてリンクスクリプトを使う場合は、画像をアップロードできるスクリプトを利用しましょう。
・リンクスクリプトはいろいろサンプルを試して見ましょう
CGIサイトにはどこもサンプルを置いてあります。そのサンプルを良く見て使いたいスクリプトを利用してください。
また利用規定なども良くお読み頂きご利用ください。

3.アクセスアップSEO対策相互リンク集を利用しよう

このスクリプトはリンクを検知して登録が出来る便利なスクリプトです。登録をしたい人は先にリンクをしていないと登録出来ないシステムですから登録したい人は必ずリンクをする事になりますのでどんどん相互リンクが増えてきます。
また一部のスクリプトはリンク状態を確認してリンクが外されていると削除されるという便利なスクリプトもあります。
ですが、リンクをすれば誰でも登録出来るという事はリンクされたくないサイトからも簡単にリンクされてしまう弱点がありますのでこのスクリプトを利用する際は充分管理が出来る方向けです。